日本吹矢検定トップページ
 参加申込み用紙 会場までへのリンク    

                                                                                         


 第19回NPO法人日本吹矢検定秋季競技大会成績
             
スナップ写真は後程掲載致しますのでしばらくお待ちください

  

 個人戦  性別&距離  順 位  氏 名  支 部 名
 成績 女子 10mの部  優勝  大浦順子 城東吹矢倶楽部
  女子 10mの部  準優勝  工藤一枝 船橋支部
  女子 10mの部  3位  鳥海昌代 市川雅支部
     
  女子 9mの部  優勝  水谷加代子 西船橋支部
  女子 9mの部  準優勝  日賀野啓代 船橋支部
  女子 9mの部  3位  藤原雪子 市川雅支部 
       
  女子 8mの部  優勝  大田垣裕子 西船橋支部
  女子 8mの部  準優勝  赤間慶子 船橋支部 
  女子 8mの部  3位  三浦百合香 城東吹矢倶楽部
         
  女子  7mの部  優勝  臼井幸子 市川雅支部 
  女子  7mの部  準優勝  田中きみ 市川雅支部 
  女子  7mの部  3位  大澤さちこ 市川支部
         
  男子 10mの部  優勝  大浦英美  城東吹矢倶楽部
  男子 10mの部  準優勝  中村昭  船橋支部
  男子 10mの部  3位  大渕忠久  船橋北支部
  男子 10mの部  4位  直江久雄  西船橋支部
  男子 10mの部  5位  栗原佳秋  板橋若葉
         
  男子  9mの部  優勝  添谷猛  松戸支部
  男子  9mの部  準優勝  日賀野博  船橋支部
  男子  9mの部  3位  吉崎隆  船橋北支部
         
  男子  8mの部  優勝  鯉渕三夫  市川雅支部
  子  8mの部  準優勝  飯濱晴夫  城東吹矢倶楽部
         
  男子  7mの部  優勝  谷口克己 墨田支部
     
         
 団体戦  ビンゴ方式      得 点(3回)
   優勝    船橋北Aチーム   115点
   準優勝    板橋若葉吹矢チーム  87点
   3 位    市川雅大洲水チーム  77点
   4 位    市川雅大洲土チーム  71点
   5 位    西船橋 Aチーム 70点



       第19回NPO法人日本吹矢検定秋季競技大会要綱

主  催 :      NPO法人日本吹矢検定 

開催期日:      2019年11月4日(月曜日
祝日) 

受付開始時間:   09:00

集合時間:      09:00

開始時間:      09:30

終了予定時間:   17:30

開催場所:      墨田区立総合体育館(武道場) 

大会実行委員長:  都倉隆平(理事長)

審判長:        松元伸夫(船橋支部長)

副審判長 2名:   森虎夫(市川雅支部)、前野詔尚(松戸支部支部長代行)、

司会:         中村隆美(西船橋支部長)

PC操作:       塩川(本部)  都倉(本部) 

準備運動:      三宅信雄(墨田支部)

参加資格:      日本吹矢検定登録者(又は支部長が推薦する登録者以外)

申込条件:        
          


申込み締切日:10月12日
申込用紙は必ず指定の用紙でお申込み下さい


参加費:  2,000円 (他組織所属の方は支部長の推薦が必要です。参加費¥3,000)    
                  (個人での参加ご希望の方は本部迄直接、お申し込みください。)
                   参加賞、特別賞、沢山ございます。

                   支部単位で徴収し、名簿提出と同時に日本吹矢検定の口座にお振込み下さい。

             振込先:ゆうちょ銀行 店番018 記号10150 番号19505441 トクヒ)ニホンフキヤケンテイ

用 具:       筒: 118-120cm, 口径13mm(塩ビ管、アルミ管等は使用不可)
             矢: 日本吹矢検定仕様の矢を使用のこと。(当日、吹矢検定仕様の矢がない場合は
             本部から貸し出します。)

表彰の科目:  個人戦 : 合計6ラウンドの得点で順位を決定します 

                (最初のラウンドのみ7本射ち、低い点数の矢、2本を除き、残り5本分を
                採点する。初回のラウンドのみ跳ね矢は認めない。6ラウンドで同点の
                場合は同点決勝とし、各1本を吹き、
                中心にを近い方を勝者とする。予選で同点となった場合はいずれも
                決勝戦に挑むことが出来る。日本吹矢検定会員以外の方で男子は
                8m以上から、支部長は必ず確認を。)


              距離別、男女別において参加人数の極端に少ない部門は男女総合順位とします。
           決定は締め切り後の準備委員会において決定いたします。


            7m(無級がら1級まで) 女子 優勝、準優勝、3位    男子 優勝、準優勝、3位
 
          8m(認定段位距離から)女子 優勝、準優勝、3位    男子 優勝、準優勝、3位 
    
          9m(認定段位距離から)女子 優勝、準優勝、3位    男子 優勝、準優勝、3位 

         10m(認定段位距離から)女子 優勝、準優勝、3位    男子 優勝、準優勝、3位 

             (距離により参加人数が定員数に満たない場合は賞の数が少なくなります。)

         団体戦:(4段以上の方、又は前回3段で個人戦において優勝し、160点を取得された方は
                9ⅿから、80歳以上で4段の方は8mから可能
)  

               優勝、準優勝、3位

         その他

           跳び賞 参加賞、特別賞 


         団体戦(ビンゴ形式を採用、使用する的紙、点数の配列、ルールは下記のとうりです。

                                           (青字は注意が必要な部分です。


            団体戦、ビンゴ形式についての説明:

               日本吹矢検定では、得点方法をシンプルに解りやすく統一しました。

               得点の差を少なくし、逆転が可能で各チーム共に最後まで諦めず楽しめます。

               各支部の皆様、是非練習に取り入れて大会を盛り上げて下さい。

            * 1から9の数字枠で行います。

               縦、横、斜め列の枠に各一本ずつ入った場合ビンゴ成立、基準点35得点と成ります。

               ビンゴ列の同数枠に2本以上入った場合はビンゴ不成立。

            * ワンビンゴ及び、ダブルビンゴも同じ基準点35得点と成りますが、ワンビンゴが成立し、

               且つ、5本の矢がすべて丸枠に1本ずつ的中している場合はビンゴ列の最小数枠点を
            
               プ ラスします。
 
               
ワンビンゴ確保後ビンゴ列以外の1本又は2本が同じ丸枠に的中している場合は
                 その枠の点数に関係なくプラス1点とする。

            
               ワンビンゴ成立後、残りを放棄した場合やウレタン的外に射た場合、ワンビンゴ

              成立であっても獲得した数の合計点となる。

               あくまでビンゴの成立は5本がウレタン的に刺さっていなければならない。

               ダブルビンゴの場合は最大数枠点をプラスします。

          例: ワンビンゴ列が 9・1・6と的中し、残りの2本が3・7に的中した場合、ビンゴ列の

                最小の1をプラスして36得点。  

             
ワンビンゴ列が 9・1・6と的中し、1本又は2本が8に的中した場合、ビンゴ列の35点
              に1をプ ラスして36得点          

           ダブルビンゴ列が 9・7・5・3・8の場合、最大の9をプラスして44得点と成ります

            * ビンゴ不成立の場合は、数字枠各1本のみをプラスして得点とする。

          例: ビンゴ不成立で 9・7・7・5・5の場合は9+7+5で21得点

              同数字枠2本以上は1本として計算する

                      この他の注意事項等は当日ご案内致します。
その他の注意事項:


設営支部別分担:
      
 1)看板類提示 中村(西船橋) 8名(松戸4名、西船橋4名)  
       2)ライン引き  栗原(板橋若葉)9名(板橋若葉4名、市川雅支部3名、船橋北支部3名、市川支部2名)
       3)的台設置  松元(船橋)12名(船橋支部10名、墨田2名)
       4)受付     國定(墨田)2名(西船橋2名)
       5)マット椅子  森(市川雅)4名、その他選手
       6)本部設営  都倉(本部)塩川(本部)、山崎(西船橋)
       7)本部用具、ジェケン試合前、終了後の確認   国定(墨田)、中村(西船橋)2名、その他
       8)大会終了後の用具搬出(駐車場場まで) 城東支部